ポルトガルの窓から日本が見える No.52

2016.12.26 Monday

0

    ポルトガルの窓から日本が見える

     

    文:吉田千津子 写真:奥村森

     

     

     

    Inside of Amoreiras shopping center 店内

     

    やっと帰国のめどがつく

     

    今日は土曜日、リスボアに戻ってから晴天が続いていたが初めて雨が降る。明日のフライトが心配なので「どうせ暇にしているのだから」との奥村さんの提案で空港まで再確認に行く。ペンションから45番のバスに乗る。バスの中は相変わらず混雑していて黒人が多い。20分ほどで空港へ到着。

     

    エールフランスのストは、昨日やっと解決したにもかかわらず、カウンターは閑散としている。搭乗予定の11月2日のフライト、リスボア〜パリは全便満席だという。私たちのブッキングはどうなるのだろう。タイアップ切符だから仕方がないが、何としても日本へ早く帰りたい。

     

    私がエールフランスのカウンターで粘り強く交渉すると、係員は「11月1日発ならパリに夜着くフライトがありますが、そのあとのパリ〜成田は翌日にしか運航していないので、パリで一泊することになりますが」と情報を提供してくれた。

     

    私たちは即座にそのフライトに乗ることにする。奥村さんは「これで、やっと言わ猿の世界ともお別れだ」と大喜び。急に元気が出てきたのか「空港内を撮影しよう」とカメラを取り出し始める。「もう撮るところもないな」と言ってふてくされていたのに現金なものだ。

     

    帰りはリーニャ・ヴェルデと呼ばれるリスボア市内にノンストップで直行する急行バスに乗って、エントレ・カンポスで下車する。また、インド料理を食べようと思ったからだ。土曜日、日曜日、祭日365日無休と言っていたのにレストランは閉まっている。

     

    「雨の降る中わざわざやって来たのに、インド人の嘘つき」。仕方なくペンションに帰り、近くのマーケットで食料を買ってサンドイッチを作って食べる。店は土曜日の午後から全て閉まってしまうがアモレイラス・ショッピングセンターだけは土曜日も日曜日もオープンしているので救われる。アモレイラス・ショッピングセンターは、メトロ・ロトゥンダで降りて徒歩15分ほどの所にある。

     

    ピンク色の壁とガラスをコンビネーションにした超近代的な建物だ。このショッピングセンターには有名ブティック、銀行、レストラン、映画館、スーパーマーケットなどがテナントとして入っているので、我々旅行者には便利で有難い。

     

    今日は雨が降っているので、手頃な近場で休日を楽しもうとする客で混雑している。私たちは時間潰しに映画を観ることにする。奥村さんは「映画はポルトガル語の字幕つきだろうから、英語で単純なストーリーのものにしてよ」と言う。

     

    「フュージチーヴォ」(逃亡者)に決める。以前、日本のテレビで放映されたことがあるのであらすじは解っている。いちいち奥村さんに説明する必要がないので好都合だ。料金は、たったの550エスクード。日本に比べると入場料はとてつもなく安い。

     

    映画を見終わっても雨はまだ止まないので、夕食はショッピングセンター内のレストランで食べることにする。ここにも中華レストランがある。オーナーは2年前にマカオからやって来た中国人だ。3皿オーダーしたが、ポルトガルサイズで量が多く食べきれない。

     

    ここの料理は、野菜が多いので嬉しい。味はマアマアだが、主人の愛想がすこぶる良いのでマアマアの味を十分にカバーしている。主人に「もうかりまっか!」と聞いてみると、彼は手をヒラヒラさせて「ボチボチでんな」と応える。「香港の中国返還で、ポルトガルに移住してくる中国人が増えてまっせ」と主人は言う。

    コメント
    コメントする