ポルトガルの窓から日本が見える No.51

2016.12.26 Monday

0

    ポルトガルの窓から日本が見える

     

    文:吉田千津子 写真:奥村森

     

     

     

    Washing cloths at Alfama アルファマの洗濯干し

     

    エレトゥリコの珍事とアルファマのそよ風

     

    ペンションの支払いなどがあるので、両替のためバンコ・エスピリト・サント(エスピリト・サント銀行)に行く。12万円を両替して19万エスクードにもなった。これまで両替した銀行の中でコミッションが一番安く1000エスクードだ。もっと早く判っていたら6千エスクードは節約できたのに残念。

     

    この4、5日は本当に退屈、もう何もすることがない。パッセ・トゥリスチコで行き当たりばったり、エレトゥリコ(市電)に乗る。28番線でサンタ・モニース行に乗って終点まで行き、また同じ市電で引き返す。もうこうなったら乗客の観察でもして時間を潰すしかない。

     

    エレトゥリコは日本並みに満員、のんびりと乗ってはいられない。長いアルミ棒を持った職人風のおじさん、続いて黒人の修道女が乗り込んで来て私たちの前に立つ。が、そのとたんエレトゥリコはガタッと大きく揺れた。修道女は慌てて、おじさんの持っているアルミ棒をつかんだ。彼女は、市電のつかまり棒と勘違いしたのだ。

     

    彼女はつかまり棒でないことが判ると、1人でケラケラと笑い出した。私と奥村さんも余りに滑稽で思わず噴き出してしまった。彼女と私たちは、声を押し殺したものの笑いが止まらない。そして次の駅で乗車してきた白髪のおばあさんも、また同じことをする。もう誰も笑いを堪えることが出来なくなって、あたりは大爆笑。

     

    アルファマ地区のパンテオン(サンタ・エングラシア教会)近くで下車して、ゆっくり散策する。パンテオンは泥棒市が開かれる丘の中腹に位置するバロック様式の教会である。パンテオンには、バスコ・ダ・ガマ、エンリケ航海王子、歴代共和国大統領など、ポルトガルの偉人が祀られている。

     

    細い石畳の路地では、ドイツ人歌手のグループがプロモーション用のビデオ撮りをしている。どの家の窓からも洗濯物がヒラヒラとはためき、恰幅(かっぷく)の良いおばあちゃんと幼い孫が何の目的もなくボンヤリと窓から外の景色を眺めている。

     

    アルファマのそよ風は、退屈している私たちに「ゆったりと流れる時間もいいものだよ」と語りかけているように思えた。

    コメント
    コメントする