ポルトガルの窓から日本が見える No.36

2016.12.19 Monday

0

    ポルトガルの窓から日本が見える

     

    文:吉田千津子 写真:奥村森

     

     

     

    Nun & retired man シスターと入居者

     

     

    老人養護施設(ラール)

     

    ここにいる老人たちのほとんどは農業や羊飼いに従事して来た人たちで、低所得者や文盲の人が多い。

    低所得者は何処にでも居るが、文盲の傾向は田舎に行けば行くほど顕著になる。というのも学校から離れた所に住んでいると、バスなどの交通機関もないので通うことが出来ずじまいになってしまうからだ。

     

    施設の規則は、日本と違って厳しくなく自由だ。外出する者、散歩する者、椅子に座って話す人、民芸品をコツコツ作る人、バラの手入をする人など、それぞれの個性と行動の自由を尊重したシステムになっている。

     

    病室を設けても、誰一人ベッドで一日中過ごす者はいないという。必ず日中は仲間と語らいながら、日向ぼっこぐらいはする。「自分のことば、自分でする」これこそが彼らのモットーであり、生きがいなのだ。「甘えた依頼心を持つようになったら、死んでしまったのと同じ」とある老人は語る。「ポルトガルは成熟した社会だな」と感心させられる。

      

    この養護施設は、5人のシスターと50人の従業員、その他、在宅介護の数多くのボランティア従業員が構成要員となっている。在宅介護は、毎日の食事の運搬と洗濯を土、日曜日を除いてサービスしている。お風呂に入れない人には、施設で入浴させるために車で送迎するという徹底したシステムが確立している。

     

    ポルトガルの養護施設は教会が経営しているところが多い。従業員の給料、入居者の下着、シャツ、セーターなどの衣料や眼鏡までも教会が負担してくれる。勿論、ここに入る人は入会金もなく、一切無料であることは言うまでもない。


    医療面でも、医者1人と4人の看護婦が常駐しているから安心だ。この建物は、イグナシア・フェルナンデス・ラマーリョ・バラオーナというとてつもなく長い名前の大金持ちが、イタリア人建築家に造らせ、彼の使用人の老後を看取るために建てられたものである。

     

    これが後の養護施設の基礎となって集会所、チャペル、食堂、バー、大きな中庭、陽当たりの良い回廊、トイレ付の部屋を教会が新たに設けた豪華施設である。部屋は4人部屋で、とても清潔でトイレが付いている。部屋に入るとベッドのサイドテーブルに家族や孫の写真が大切に飾られてある。

     

    今日も一人の老人が入所した。娘と娘婿は長時間シスターに「父をよろしく」と頼んだ末、泣きながら父を残して去って行った。父は娘たちに「ワシは、大丈夫じゃから」と何度も説得していた。聞いてみると娘が病気がちで父親の面倒を見られなくなり、父が娘を思い自ら望んでこの施設に入ることを決めたのだという。

     

    「親子愛とはこういうものだな、ポルトガルでは老人問題に教会が深く関わっているんだな」と感動を覚え印象的な取材だった。「文盲の人が多いから教育後進国」なぞと、我々日本人はうがった考え方をしてはいけない。この施設と家族愛こそ、今の日本が学ぶべき本当の教育ではないだろうか。

    コメント
    コメントする